Ferrari 315S No:6

ステアリングですが、キットにはエッチングのスポークと素晴らしいメタル製の外周部分がついています。
ラクーンさんのサイトではこの部分は瞬間接着剤で付けているのですがこんなの楽勝でハンダ付け出来るじゃん!
と甘く見ていたのがいけなかったのが見事にドロッと溶かしちゃいました(泣)
315S-18.jpg
しょうがないので外周部分は洋白線で置き換え。下側の接合部の処理がまだ甘いですね。
ホーンボタンはキットではメタル製の物が入っていたので、ピカピカに磨いてみました。
意外と挽きものでなくてもいけますね。
315S-19.jpg
スポンサーサイト

ロードバイク!

先日友人宅に遊びに行ったらロードバイクを買ったらしくって試しに乗せてもらったら、
とても気持ちよくって自分も欲しくなってしまいました。
いろいろ調べると自転車とはいえロードバイクって普通の自転車とは別物ですね。
昔から興味が有ったのですがどれを買っていいのかさっぱりで躊躇していました。
実に奥が深くってとってもお金がかかりそうな趣味ですね。
とはいえ最近どうも運動不足で身体がなまって来ちゃっているので
なにか運動する切っ掛けがつかめればいいかな?と近所の自転車屋に軽い気持ちで見に行きました。
そこの自転車屋はスポーツ自転車の専門店的な感じで丁寧にいろいろ教えていただきました。
なんと普通に試乗も出来るんですね。自転車屋の回りをグルグル回っていたら結構楽しくなって。
ロード02
なんと勢いで購入してしまいました〜(笑)
グレード的にはそこまではいい奴ではないらしいですが、自分的には結構なお値段なので思い切りました〜。
ロード01
早速、お持ち帰りにして近所の荒川の土手までサイクリング!
しかしものの一時間も乗っただけで「暑い」「尻は痛い」「腕は痛い」「首は痛い」わでバテまくり(笑)
日頃の運動不足がモロにたたりました。筋肉痛しまくり!
せっかく買ったんで少しずつ馴れて行かないと。

続2012乗り鉄の旅!

次の日は高崎に一泊して車で横川に移動して碓氷峠鉄道文化むらへ。
横川-00
ここは展示車両が半端無いですね。しかし野外展示なのでさいたまの鉄博とは違い管理が大変そうですね。
横川-04
横川-06
横川-07
横川-08
でも各車両の運転席など座り放題。これはかなり貴重な事ではないでしょうか?
横川-03
お昼は定番の横川の釜飯。これ昔はそんなにうまいとは思わなかったけど、今食べると完成された味で最高にうまいですね。やはり長い歴史のある物は間違いないですね。横浜のシウマイ弁当とか大好きです。
横川-02
その後は少し足を伸ばして碓氷峠まで足を伸ばして、めがね橋を鑑賞!これは本当に凄い迫力で感動しました。
横川-05
あと群馬でやたら見るこの族車は何なんでしょうね。本物の暴走族なのか?はたまた、昔を懐かしんでの改造車なのか?謎です。本当にやたら走っていました。
横川-01
さてそろそろ43も作らなきゃ〜
おわり

2012乗り鉄の夏!

昔から乗りたかったSLに乗って来ました。
ルートは高崎から水上のSLみなかみD51です。
下りは切符が取れなかったので高崎に車を止めて普通電車で水上へ。
でもそれが逆に功を奏して高崎駅で出発するD51を存分に鑑賞できました。
D51-01.jpg
D51-0143.jpg
D51-02.jpg
D51-03.jpg
D51-04.jpg
都会の中にもうもうと煙を吐いているSLがまたいいですね。

水上へはSLより何故か先に到着して(渋川で追い抜いた)水上でお昼を食べていると
D51が水上に到着!
そっそく転車台に方向転換するD51を鑑賞しました。
D51-05.jpg
D51-06.jpg
いや〜この機械然とした乗り物の迫力は相当な物ですね。
巨大な鉄の塊が悠然と動く姿にホレボレしちゃいました。
その後デモドリさんに教えて頂いた撮影のタイミングで外から走行中を撮影!
なかなか難しいですね。朝練しなければ(笑)
D51-07.jpg

で上りの高崎までは念願の乗車!
D51-008.jpg
D51-09.jpg
乗ってしまえば電車と代わり映えしないですが途中で聞こえてくる汽笛に心しびれます。
D51-011.jpg
途中で乗車中にじゃんけん大会でSLグッズをプレゼントしたりもあり、なかなか楽しかったです。

無事に高崎に到着しました。でも高崎駅の都会っぷりにびっくりです。かなり奇麗になったのかな?
大宮とあまり変わらない気がしますね。東口の巨大なヤマダ電気には・・・・ですが(笑)
D51-012.jpg
一応、定番の群馬のお土産と言えばこれでしょう!
D51-013.jpg
そんなにうまい訳ではないが(すいません)
自分は桐生に親戚がいるので子供の頃からよく食べてました。姉とチョコ味の取り合いでしたね。
レモン味はいつも残っていたような(笑)
高崎に一泊して次の日は横川の碓氷峠鉄道文化むらへ。
長くなったので明日へ
つづく〜

電動ドライバーの話

前からアクリルケースの穴開けなどに使用していた
松下電工製、EZT640-A(充電インパクトドライバー・マイハンド)が急にまったく動かなくなりました。
いろいろ検索してみるとどうやら中のバッテリーが寿命のようですな。
もう購入してからかなり経っているのでしょうがないんでしょうが。
でいろいろとネットで調べると中のバッテリーを交換する手順が書かれているサイトを発見!
いや〜ネットは本当にこういう時には便利ですね〜。昔なら考えられなかった事です。
dendou-02.jpg

さっそく中のバッテリーを上記サイトで紹介してあるここで購入し分解して取り付け!
少々のハンダ付けが必要でしたがそこは43モデラーの腕の見せ所(笑)
dendou-01.jpg
なんとかばっちり復活しました〜。新しいの買わないで済みました〜。

Ferrari 315S No:5

このキットで一番難しそうな(笑)部分のメーターパネルを作成してみます。このインストでいう左下の部分ですね。
ちなみにこのインスト通りにステアリングシャフトを先にボディーの下側の大きなパーツに付けてしまうとボディーとぶつかってしまい、取り付けられなくなります。ご注意を。
315S-15.jpg
メーターのひさしの部分が別パーツのエッチングになっていてこのようにハンダ付けしないと行けないです。これ自分は昔にフェラーリTRを何台か作ったので要領は同じでだいたい解っていましたが初めての方は戸惑いそうな部分ですよね。
315S-16.jpg
で、ボディーに合わせてみました。まあこんな感じでしょうかね?
315S-17.jpg

Ferrari 315S No:4

少しづつ進めて行きたいと思います。まずはマフラー。キットにはメタルの部品がついていて先端に穴が空いていませんね。こちらのラクーンさんの完成写真を見ると?あれ?ちゃんと抜けている(笑)
315S-12.jpg

ということで(笑)先端を真鍮パイプで置き換え。最近はなかなか細い真鍮パイプの入手もなかなか厳しいですがこちらのwaveのCパイプは定番で助かりますがお店になかなか置いてないんですよね。
315S-13.jpg

もともとあるメタルの先端を細くしてそこに切った真鍮パイプをはめてさっと半田付けすれば出来上がり!
315S-14.jpg

Ferrari 315S No:3

このキットの一番の難しそうな所の(笑)分割されているテールを半田でくっつけました。本来は不要なメタルなどで溶着した方がいいのでしょうが、このキットにはランナーとか不要なメタルが入っていなかったので普通の半田でくっつけちゃった。まあ下側であまり目立たない所なんでもし経年変化でヒケてきても目立たないかなと。
315S-10.jpg
あとせっかくなんで上にある二つのエアスクープには洋白線を楕円にした物をハンダ付けしておきました。ここはキットではもともと素晴らしいモールドが入っていたのですがやはりメタルだといろいろいじっていると無くなってしまうと思うので保険をかねて洋白に置き換えです。
315S-11.jpg
で根性でゴリゴリと不要な半田を削ります。これでやっと一体になりました。

Ferrari 315S No:2

まずは台座に固定する用のボルトをハンダ付け。しかしこのメタルはやたら固いですね。いろいろピンバイスで穴を開けまくっていたら、指にマメが出来ちゃった(笑)最近さぼっていたからって言うのもありますね。
315S-06.jpg

とりあえずキットの穴の位置とキットのタイヤとで仮組してみました。このままだと若干リアが下がり気味な気がします。
315S-05.jpg

せっかくなんでタイヤをコジマさんのダンロップFとRに変更します。ホイールはキットの物もなかなかいい出来なのでこのまま使います!
315S-07.jpg

リアのシャフトの穴の位置もハンダを使って少し下に下げました。こういうのはシャフトの穴を開ける前に確かめておく方が効率的なんでしょうね。
315S-09.jpg

まあこんなもんかな?コジマのダンロップタイヤが思いのほかピッタリで良かったです。
315S-08.jpg
次は分割されているお尻を合体させないと!

Ferrari 315S No:1

フォルッテシモ43の315Sを少しいじってみました。この車レストア車の写真は結構ネット上にありますね。
この写真めちゃかっこいい!
315S-01.jpg
ボディープロポーションは素晴らしいですね。さすがキット開発者の下間さんのこだわりが伝わります。
315S-02.jpg
ちょっとキットからは改造してみます。キットではフロントグリルはエッチングですがせっかくなので、昔に友也さんに作っていただいた立体の物を仕込んでみようかと思います。周りの枠も後はめできるように洋白版で作ってみました。
315S-03.jpg
やはり立体はいいですね。周りの枠のフィット感がもうちょいですね。
315S-04.jpg

ニューキットラッシュ

昨日頼んでおいた新製品が次々と入荷!まずはラクーンさんの下間さんの新メーカーフォルッテッシモ43のferrari315S。
315S−01
こちらボデイーはヒロさんで抜いてもらいエッチングはzmodelさんというまったく心配のない内容で安心です。
315S−02
いや〜素晴らしいキットをありがとうございます。ホイールは完成済みのエッチング製スポークの物、タイヤはスリックタイプのゴム製の物が入っています。タイヤがスリックなのが少々気になりますが他のデティールなんかは申し分無さそう。
315S−03
気になるボディーの大きさですが試しにフェニックスのTRと並べてみましたがでか過ぎるフェニックスと並べてもそこまで違和感無い大きさでちょうどいい感じです。総会までにこれ作ります!
hiro-01.jpg
次にヒロさんの所のEAGLEも到着。このキットは凄いわ!
hiro-02.jpg
43のF1ってタメオさんと比べられちゃちゃうから大変ですが、これはタメオとなんも遜色無い、いやそれ以上じゃないでしょうか?とくにゴム製のタイヤのトレッドパターンなんかは完璧そう。このタイヤだけ売って欲しいくらいです。ボディーのシャープさも素晴らしい!これは買いですよ!奥さん!!
hiro-03.jpg
HIROさんの1/20がまるまる1/43になってこの価格とは恐るべし!今後の展開に期待大です。
43がもっとブームになって頂けると嬉しいですね。

ミニのイラスト

溝呂木画伯に愛車のイラストをオーダーしちゃいました。
mini1.jpg
元の写真はこれです。
mini2.jpg
背景は画伯におまかせ。
mini3.jpg
なんとオーダーしてから2日くらいで完成です。
mini4.jpg
いや〜素晴らしい。家宝にします。今回はB4サイズで21000円でした。フルオーダーでこの価格は安すぎます。
皆さんも是非愛車をイラストに残してみてはいかがでしょうか?
オーダーはこちらのHPにあるメールアドレスから受け付けてくれるそうです。

プロフィール

43factory

Author:43factory
このぺージでは、私が製作した1/43のミニカーを紹介しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ミニカー/模型
25位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR